hogehogehoge

 

 hoge hoge

 


  hogehoge

 

 hogehogehoge

 

 

 

  FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS TOUR 2011 'THE LIVE BANG!!'

  福山雅治We're Bros.ツアー2011「THE LIVE BANG!!」さいたま公演4日目(最終日)

 

Date:   2011年11月20日

Time:   17:00 - 20:35

Place:  埼玉県さいたまスーパーアリーナ




最終日のレポートです。会場でトーキングFMを聴きたいので、
少し早めに会場に入りました。今日の席も200lvでスタンドです。
土曜日の席の反対側にあって、花道やステージに離れているけど、
最終日だから、最初から最後まで盛り上げます!!!


意外とVIP席に近くて、ちょっとビックリしました。
会場でトーキングFMを聴く人もかなり多かったです。
席からアリーナを見下ろすとちょっと怖かった〜(>_<)


正直ですね…寂しかったです。年末は感謝祭があって、
無事カウントダウンライブのチケットを手に入れたものの、
ツアーの最終日になるとやっぱり寂しくなってしまいます。


あっという間に17時になりました…
今日は予定の通りに17時からスタート!
The Live Bang!!ファイナル!始まります!

 

〜想-new love new world-のインストルメント〜(オープニング)


いつもこのオープニングを聴いたら、テンションが上がります。
最終日だから、お客さんの声援が凄かったです。
道標ツアーの最終日を思い出させてくれました。


01.vs.〜知覚と快楽の螺旋〜


いつものようにステージの真ん中に登場したましゃ。
今日も白いジャケットを着てました。冒頭のギタープレイ!!
本当に素敵でたまらないです。ギターの音が会場に響き渡って、
聴き入りました。今回のツアーはこの曲がオープニングで、
とてもふさわしいと思います。会場のテンションも一気に上がりました。


02.THE EDGE OF CHAOS〜愛の一撃〜


スクリーンに映し出されたましゃのクローズアップ。
ファンからの黄色い声援が凄かったです。ましゃの笑顔がまぶしい〜!
嬉しすぎで泣きそうになりました。(笑)
ましゃ〜〜〜〜!と叫びたくなりました。


03.想-new love new world-


この曲を歌うと、会場が一つになります。
ますますこの曲が好きになりました。


04.それがすべてさ


The Live Bang!!ファイナルはなんとPeach!!を歌わなくて、
かなり驚きました。最終日はPeach!!が聴きたくて、
尻ヅラを期待してましたが、「それがすべてさ」もいいですね♪
ちなみに道標ツアーの最終日に4番目に歌った曲も「それがすべてさ」だったよ。
偶然かな?(*´ω`*)


〜MC (座席確認)〜


「8ヶ月お待たせしてしまいました!!さいたま!!
  延期されたこのさいたま公演、このツアーで最大のお客様がいらしてくださいました!
  
今日はなんと2万人が来てくださいました!
  このさいたまスーパーアリーナは200lv、300lv、400lv、500lvがあります!
  500lvまで上がってみました!高所恐怖症の僕、怖いです。
  皆さん落ち着いて盛り上がってくださいね。(笑)


  それでは、座席を確認させていただきます!
  200lv、300lv、400lv、500lv、会場をぐるっと囲んでいるお席の方々を
  スタンドと呼ばせていただきます!!見えてますよ!!
  僕の目の前のフラットの部分はアリーナです!アリーナの皆さん!


  最後ですが、僕の後ろは東日本応援シートの皆さんです!!
  震災後にツアーが再開し、巨大セットを取り払って、
  こちらの東日本応援シートを作らせて貰いました。
  今日は1300人のお客様がいらっしゃいます!
  アミアミ(LEDスクリーン)の後ろも入ってるんです!
  ちなみに東日本応援シートの収益は全部寄付させていただきます。
  ステージバックだけではなく、アリーナとスタンドの収益も
  一部寄付させていただきます。 


  ここ、さいたまスーパーアリーナも震災後、
  福島の方々の避難所として使われていました。
  震災後、自分がやるべきことはなにかと思ってました。
  今元気な人は、今までやっていたことを、
  今以上に元気にやることが大切ではないのかと思ってます。」


大震災で亡くなられた多くの方のご冥福をお祈りして、
オーディエンス、スタッフ、バンドメンバーが全員起立して、一分間黙祷しました。
震災後、ライブの最終日まで多くの亡くなられた方々への黙祷を毎回されたのは
ましゃのライブだけだったかもしれません。


「元気な人はこれまで以上に元気に…」


この言葉は多くの方の心の支えとなったかもしれません。
心に刻んだ言葉ですね。


05.HELLO


イントロの所に楽しくギターを弾いてるましゃの笑顔が最高でした。
お客さんもましゃに魔法にかけられたようで、笑顔が素敵♪
会場が一気にヒートアップ!!
本当に恋が走り出したら、皆さんが止まらないですね。(笑)


06.明日の☆SHOW


どんなに大変なことがあっても、この曲を聴くたびに元気になります。
スタンドから会場を見渡したら、皆さんがメロディーに合わせて、
手を挙げて、左右に振って、会場の一体感に感動させられました。


07.milk tea


キャプテンのピアノソロは毎回の楽しみです。
子供の頃からピアノを弾いてますけど、
いつか鑑さんのように美しく弾けるようになれたらとましゃの曲を
演奏するたびに思ってます。ましゃの優しい歌声にすっかり魅了されました。


〜MC (出席確認・さいたまのドン真ん中)〜


「さきほど座席を確認させていただきましたが、
  僕のライブでは恒例となっている出席確認を行いたいと思います。
  まずはですが、2月から始まるThe Live Bang!!、沖縄公演を含めて、
  今日は初めて来ました!っていう人?
  以前にも来ました!っていう人?
  もう色々ばれちゃってるんですね?(笑)
  何回来てもいいんです!僕のライブは毎回も違うですから。


  次は性別の確認。
  私、女性です!っていう人。女性大好き福山です。
  さきほどから、野太い声が聞こえてましたが、
  私、男性ですって人。
  (スクリーンに子供が映し出されました)
  あー、男性。いい思い出になりますよ。男性も大好き福山です。


  それでは、皆さんはどこからいらっしゃったのか、
  ざっくりと聞きたいと思います。
  まずは群馬、栃木、茨城の北関東地方からっていう人。
  次は東京、千葉、神奈川の南関東地方からっていう人。
  さいたま公演ということで、さいたまからという人。
  やはりさいたまの人が多いですね。
  それ以外という人!!どこから?えー、えー。
  全国からお越し頂きどうもありがとうございます。 


  このさいたまスーパーアリーナですが、
  福島県の避難所として使われていました。
  私、福島県から来ました!っていう方?
  ありがとうございます!!


  最後は年齢の確認です。昔は10代、20代…と時間かけてやってましたが、
  今はとっても簡単です。私、若いです〜という人!!
  ありがとうございます!」


出席確認が終わってから、ましゃはさいたまのドン真ん中へ…


「このさいたま公演ですが、
 本当は僕のデビュー日に合わせてやる予定だったんです。
 せっかくだから、デビュー当時の写真を見てみましょう!!」


THE BEST BANG!!(Best inst集6曲CD付)(DVD付)(初回限定盤) [CD+DVD, Limited Edition, Best of] / 福山雅治 (CD - 2010)


「男前ですね。さすが男がなりた顔ランキングの1位ですね。」


観客「カッコいい〜〜〜〜!」


「えっ、何ですか?よく聞こえないけど。」


観客「カッコいい〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」(もっと大きな声で…)


「えっ?(笑)」


観客「カッコいい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」(叫びに近い声で…笑)


「自慢です!!(笑)すみません、調子にのりすぎました。
 ちなみに当時のイメージはジェームス・ディーンでした。
 もうデビュー当時からズレちゃってますね。(笑)
 ジェームス・ディーンというより、床屋に貼ってある写真みたいですね。
 当時の僕と今の僕、どう変わったのか見比べてみましょう。」


ということで、最終日も写真に合わせて、
スクリーンにましゃの今の顔が映し出されました。
すぐに写真とピッタリの位置になりました。4日間もやりましたからね。(笑)


「老けましたね。(笑)
 でもねえ、こんなボクを応援してくれた皆さんが偉いです!!
 本当にありがとうございます!最終日ですよ!さいたま!
 いつもより多めに歌います!一人紅白歌合戦ですよ!!」


08.MELODY


「キミをはなさない どこまでも歩きたい」
このフレーズが凄く好きでたまらないです。
普段は恥ずかしくてなかなか言えないけど、
最終日にこの歌を聴くと、
ずっとましゃについていきます!!と言いたくなります!!(*´∀`)
本当にましゃファンでよかった〜〜〜!


09.虹


この曲が大好きでたまらないので、最終日に聴けて嬉しかったです。
ましゃのファルセットが素敵でたまらないです。


10.Heart


これも最終日に聴けて嬉しくてたまらないです。
幸福論も凄く好きだけど、最終日はどうしてもHeartが聴きたいです。
初めて聴いたましゃの曲はHeartだから、思い出の曲です。
本当にこの曲が聴けて幸せです!!!!


11.はつ恋


雪の演出が美しくてたまらないです。
生で聴くと本当に素敵でたまらないです。
この前にましゃのライブに参加したうちのおとうさんも絶賛しました。


〜MC (ホットスポットの紹介)〜


最終日は宮城県仙台市にある蒲生干潟の渡り鳥について語りました。
毎年も干潟に野鳥がやってきますけど、
津波の影響で壊滅的被害を受けて、もう野鳥はやってこないではないのかと
思われていました。数は減ったものの、
今年も野鳥がやってきて、自然の凄さを感じたとましゃが語りました。


12.アンモナイトの夢


毎回ホットスポットの話を聞いてから、
アンモナイトの夢の演奏を聴いて凄く感動しました。
とても優しい演奏で凄く癒されて大好きです。
今回もスクリーンに流れた映像を見ました。


13.群青〜ultramarine〜


この曲は道標ツアーのオープニングに歌われていて、
今回のツアーのアレンジとはかなり違うけど、
どちらも大好きでたまらないです。今回は鑑さんのピアノと
ましゃのギターのコラボで、聴けば聴くほどハマります。
スクリーンに映し出された地球は本当に美しかったです。


〜MC ツアーでの数々の記録〜


「最終日ということで、このツアーの数々の記録を見てみましょう!」


総動員数:60万超


総移動距離:20500km


「全国各地に行きました!総移動距離は20500km!

  これは地球を上から下まで縦断して、北極から南極までの距離ですよ。

  あっちこっちちょこちょこ行きました。」


総演奏時間:120時間


「総演奏時間は120時間!これを一日に直すと、

  5日間も寝ずに食べずに丸5日間演奏したことになります!」


総演奏曲数:1299曲 (群青まで)


「ツアーの初日・大阪城ホールから先ほど演奏した群青まで、

  1299曲を演奏しました!ここからは感謝の気持ちを音楽でお返しする時間がやってきました!   

  さいたま!1300曲目の曲ですよ!さいたま!!」


14.fighting pose (1300曲目)


赤いジャケットに赤いストール!!
1300曲目です!!会場全員が拳を振り上げて、とても迫力がありました。
リズムに合わせて拳を振り上げるましゃ…
リズミカルな動きが凄く素敵です!カッコいい〜〜!


15.逃げられない


ギタープレイ!!ましゃと辻剛さんとおぐちゃんのギタープレイ、
本当に素敵でたまらないです。歌手としてのましゃだけではなく、
ギタリストとしてのましゃを見ることができて、嬉しかったです♪


16.Revolution//Evolution


タオルタイム!!今回は通路側の席なので、
右側には誰もいないので、思いっきりタオルを振りまわりました!
タオルの海!本当に凄かったです。
やはりこの曲を演奏すると、会場が凄く盛り上がりました♪


17.HEAVEN


ズバリ言ってもいいですか?最終日のましゃはエロかった。
HEAVENとGANG★はもうライブに欠かせない曲ですね。
ここにバズーカの出番です!よく飛んでました!!


18.RED×BLUE


サブステージにやってきたましゃ!
メインステージより少し近くにましゃを見ることができて、嬉しかったです♪


19.化身


イントロはいつも鑑さんのソロ…
今日はサプライズでイントロの所に…


蛍の光


を弾きました!!実はキャプテンは道標ツアーの時も
VS〜知覚と快楽の螺旋〜のイントロに蛍の光を弾きました。


20.少年


まさかこの曲を聴いて泣いちゃったとは思わなかった…
冒頭の大合唱…皆さんの歌声が凄くよかった。
凄く感動しちゃって、涙が止まりません…
私だけではなく、周りの方も泣いちゃいました。
このツアーが終わると、いつこの曲が聴けるかな?と思うと、
余計に寂しくなってしまいました。


まっ、一人で参加してよかったです。
ましゃのライブに参加すると、感情が剥き出してしまいます。
普段人前に泣かないから、泣き顔は見られたくない〜。(>_<)


21.心color〜a song for the wonderful year〜


少年の次は明るい曲でよかったです。(笑)
もし少年の次に家族になろうよを歌ったら、きっと号泣してしまいます。
今年もあと少しで終わってしまうので、
最終日もCDバージョンの歌詞を歌ってました。
ましゃの笑顔が素敵でたまらないです♪


この曲が終わってから、ましゃとバンドメンバーは一旦退場しました。


〜サプライズ (ドラえもんたち登場)〜


アンコールの前に皆さんはいつものようにウェーブ!
最終日だから、いつもよりウェーブが起こって、とてもきれいでした。
その時!!ステージが少し明るくなって、
ましゃ&バンドメンバーが出てくると思いきや…


出てこなかった。


皆さんも「ん?」…その時!会場で流れたBGMはなんと…


マイケル・ジャクソン「BLACK & WHITE」


え?!なになに??ましゃ踊るの?(笑)
周りの方の反応は全く一緒!!!!
突然にスクリーンにスペシャルゲストが登場!!その方はなんと…


福山雅秋


雅秋「どうも!福山雅秋です。
今日、雅治さんのツアーThe Live Bang!!はいよいよファイナルを迎えるということで、
挨拶しに来ましたよ。実は僕は来週からワールドツアーなんだ。
皆さん、来てくれますよね?見に来てくれますよね?
サンキュー!!!さいたま!今日は僕の仲間たちが会場に来てくれたんだ!
大きな声で呼んでくれるよね?そう!ネズミが嫌いで、ドラ焼きが大好きで、
未来からやってきた僕の友達です!さあ、呼んでみよう〜!せーの!!!!」


観客「ドラえもん〜〜〜〜〜!」


ドラえもんのテーマソングが流れて、ステージの真ん中からドラえもん、
のび太くん、しずかちゃんが登場!!!!


3人「皆さん、こんばんは!」
3人が自己紹介…しずかちゃんかわいい〜


雅秋「ありがとう〜しずかちゃん〜(←なぜしずかちゃんだけ?笑)
今日はお知らせがありますよね。」


ドラえもん「実は来年、2012年3月3日はちょうどボクが誕生する100年前ですよ。
その日に僕たちの新しい映画『ドラえもん、のび太の奇跡の島〜
アニマルアドベンチャー』が公開になります!!」


しずか「雅秋にも登場するよね。」


雅秋「しずかちゃん、それは映画が公開するまでのお・た・の・し・み!」


ドラえもん「実はもっと凄いお知らせがありますよ!!」
のび太「そうだよ!今回の映画は雅秋さんじゃなくて、雅治さんが〜」
雅秋「NO!!!!それは雅治さんから直接に発表してもらわないと。」
ドラえもん「そろそろ雅治さんを呼んでみようか〜」
しずか「でも雅治さんが登場する前に雅秋さんとお別れしないと…」
のび太「そうですね。そうじゃないと、雅治さんが出れないですよね。(笑)」


はい、その通りです。(笑)


雅秋「さあ、皆さん!!!ワールドツアーで会おうね!
ちなみにツアーの初日はリオデジャネイロです!!皆さん、来てくれますよね!
また会おうね!!!(←雅治風で…笑)」


リオデジャネイロ…雅治さんの希望じゃないですか?(笑)


ドラえもん「さあ、雅治さんを呼びましょう!」
しずか「せーのと言ったら、雅治さんって呼んでね。せーの!!!」


「雅治さーーーーーーーーーん!!!」


その時!!ステージの真ん中にあるせり上がりからましゃがポンと飛び出した!
会場の皆さんは悲鳴を上げました!!!
あれ?雅治さんですよね!なんとましゃはドラえもんの被り物で登場!!
見たとたんに思ったけど、きつくない?(笑)子供用の被り物でしょうね。
スクリーンを見て思ったけど、ぎっしりすぎて大丈夫?(;・∀・)
ちなみにTシャツはスニーカー(白)でした。


メインステージからサブステージにやってきた雅治さん…(笑)


しずか「かわいい〜〜〜〜」


しずかちゃんのこの一言で雅治さんは照れながら笑っちゃいました。


雅治「ボク、雅治さん。(笑)これ(被り物)、凄く暑いんです。
脱いでもいい?暑い、本当に暑い〜〜」


やっぱり暑かったでしょうね。(;・∀・)


ドラえもん「長い長い全国ツアー完走おめでとう!そろそろ発表してもらってもいいですか?
あのことを…」

ドラえもんの頭を撫でてるましゃ…


雅治「しゅのつく発表ですね。分かりました。僕、福山、来年公開されるドラえもん、のび太の奇跡の島〜アニマルアドベンチャーで…しゅ〜」

3人「しゅ〜」
雅治「しゅ〜」
3人「しゅ〜」
雅治「しゅ〜主役をやらせていただきます!!!」


はあ?!(笑)


雅治「はい!アニマルということで、アニマル福山を演じさせていただきます!!!」


はあああ?!アニマル福山????


3人「ち、違うんでしょう〜〜〜」
雅治「はい、全部ウソです!!(笑)」


なんだかよく分からないけど、ホッとしました。(笑)


雅治「こんなウソを付いてしまってすみません〜」
3人「いえいえいえいえ〜」
雅治「ホント?(笑)もう一度発表させていただきます。僕、福山、来年公開されるドラえもん、のび太の奇跡の島〜アニマルアドベンチャーで…しゅ〜」
3人「しゅ〜」
雅治「しゅ〜」
3人「しゅ〜」
雅治「しゅ〜主題歌を歌わせていただきます!!!」


3人「聴きたい〜〜〜〜〜」
観客「聴きたい〜〜〜〜〜〜」


雅治「いいか、ここだけの秘密だぞ!!映画の予告編を用意させていただきます!!」
観客「ええ〜〜〜〜〜〜」
雅治「えって何ですか?これは特別ですよ!!初公開ですよ!それでは、こちらをご覧ください!」


スクリーンに予告編が流れる…


雅治「さいたまの皆さんの気持ちを言ってもいいですか?『全然聞こえねーよ!!』


うん、その通り…(笑)


雅治「まっ、しょうがないですよ。予告編ですから。」
観客「へええ〜〜〜聴きたい〜〜〜〜」
雅治「ところで、仕事していい?」
3人「仕事???」


雅治「実は明日の新聞記事のために、この3人との記念写真を撮らなきゃいけないんだ。早くやらないとだんか落ち着かないですよ。(笑)皆さんも写りますよ!はい、早く髪型直して!化粧直して!!ブラジャー直して!」


愉快な仲間たちの前にブラジャーというなんて〜Σ(゚∀゚ノ)ノキャー


雅治「今日は三浦憲治さんが撮ってくれます!ボク、髪、大丈夫?のび太君もしずかちゃんも髪型バッチリで直さなくていいからいいですね。」


とりあえず、まずは並ぶ位置を考えなくちゃ…
しずかちゃんとくっつくましゃ…客席から悲鳴の声が…(笑)
ステージにいるのび太くんも焼きもちをやいていた…(;・∀・)


しずか「雅治さん、顔小さいですね。」


雅治「言ってもいいですか?しずかちゃんの顔が大きいんだよ。」


しずかちゃんにダメだし?(笑)そして、4人の記念写真…これは夢かな?
国民的アニメキャラクターと世界の福山が同じステージにいること…
まるで夢のようです。ましゃのとびきりの笑顔が実にまぶしかった♪
とりあえず、最初の1枚を撮りました。


雅治「早速写真をチェックしないと。俺が良くない〜(しずかちゃんと)やっぱり肩を組んだほうがよさそう〜」


再び客席から悲鳴の声が…(笑)
一生懸命にましゃとしずかちゃんの間に入って、仲を裂こうとするのび太…


雅治「のび太くん、これは仕事です。仕事!仕事!(笑)はい、準備はいい?チーズ!!!写真チェック…はい、オッケーです!!初日も最終日も来てくれて、本当にありがとうございます!3人とも忙しいですよ。」


雅治さんと愉快な仲間たちはサブステージからメインステージに戻りました。
ドラえもんよりちょっと早くメインステージに戻った雅治さんとのび太くんと
しずかちゃんは花道で歩いてるドラえもんを見守ってて…(笑)


雅治「ドラえもんはねえ、今日は凄く早いんです。(笑)あっ、坂道気をつけてね。」
ドラえもん「んしょ、んしょ」


坂道は大変ですね。ようやくドラえもんもメインステージに到着!
最後は映画の宣伝ですね。(笑)


ドラえもん「来年公開するドラえもんの映画、よろしくお願いします!!」


それから、ドラえもんはステージの真ん中にあるせりあがりから退場…


雅治「鼻としっぽはギリギリですね。(笑)」
ドラえもん「だ、大丈夫かな?」


ドラえもんも大きいですね。雅治さんと愉快な仲間たちのやりとりを見て、
本当に嬉しかったです。雅治さんも凄く嬉しそうで笑顔が最高でした。


ドラえもんたちの声優さんはわざわざ会場に来てくれたそうです。
バックステージでそのままやってたそうです。詳しくは
こちらです。
そういえば、雅秋さんの声もましゃがバックステージでやってたのかな?
ドラえもんたちとのやりとりがバッチリで、収録ではないですよね?!


雅治「今回のツアーはドラえもんで始まって、ドラえもんで終わりますね。
それでは、我が愉快な仲間たちを呼んでもいいですか?」


バンドメンバーが再び登場!お待たせしました。(笑)
鑑さんはドラえもんの歩き方を真似して凄くかわいい〜(*´ω`*)


「さきほど発表させていただきましたけど、

  来年ドラえもんの主題歌を歌わせていただきます。

  次の曲ですね、主題歌ではないですけど。」


観客「ええ〜〜〜〜〜」


「えって何?まだ歌ってないあの曲があるでしょう!!一等賞取ったあの曲ですよ!(笑)」


続いては曲の解説…


ENCORE


En-01.家族になろうよ


ツアーの後半からこの曲が聴けて本当に素敵でたまらないです。
毎回の公演もましゃがこの曲を歌うと、
周りの方の嗚咽が聞こえます。私も初めてこの曲を聴いたときに、
号泣してしまいました。


En-02.追憶の雨の中


さいたま公演のライブ(最終日)は元々ましゃのデビュー記念日に
行われる予定だったけど、震災によって延期されて、
ツアーの最終日になりました。ファイナルの日にこの曲を聴くと、
実に感慨深いです。


今日もSB席にコップを投げたけど、1発目は300lvに届かず…
2発目も失敗…3回もチャレンジしました。
昨日のように失敗するたびにガックリポーズ…(笑)
さらにバンドメンバーは「届かないよ〜」と突っ込む…^^;


〜MC (バンドメンバーの紹介)〜


今日もバンドメンバー全員がステージに並んで万歳三唱をやってました。
長い長いツアー本当にありがとうございました!!!
最高なライブをありがとう!!!


ちなみに万歳三唱の時のBGMはいつもHeartじゃなくて、
なんと沖縄公演のオープニングに流れた約束の丘でした。
客席から「ましゃ〜〜〜〜」と悲鳴に近い声援♪


バンドメンバーが退場して、ましゃは皆さんの声援を聴きながら、
水を飲んで、ダブルアンコールを準備したら…
退場したバンドメンバーたちが楽器を手にして、再びステージに登場!!
ましゃもビックリしました。


そのとき!!2年前のようにバンドメンバーはましゃのために素敵な歌いました!
交響曲第九番のメロディーで、
ツアーで回った場所と会場の名前で歌詞を付けて歌いました。


大阪 和歌山 広島 み〜え〜♪
名古屋 福岡 新潟 長野〜♪
横アリ 鹿児島 エコパ 青森〜♪
徳島 愛媛 城ホール 代々木〜♪
広島 セキスイハイム きたえーる さいたまスーパーアリーナ〜♪


「THE LIVE BANG!! 56本お疲れ様でした
 マシャ!! あんたはやっぱり最高ばい!
 ここにいる全員 ましゃの家族ばい!
 年末もよろしくね」


鑑さん「メンバーとして参加できて本当に幸せです。
ありがとうございました!!」


皆さんは楽器を打ちながら、退場〜
楽しかった〜〜〜!


「これはダブルアンコールじゃないですよ。(笑)またやります!!!

  もう1曲やらせていただきます!!」


皆さんの声援が凄かった〜♪


「今年は色々あって、改めて命について考えました。

  命は強いものであり、儚いものでもあり、色々考えさせてもらいました。

  それでは、聴いてください。道標。」


W ENCORE


En-03.道標

ダブルアンコールは予想通り、道標でした。
ツアーはこの曲で終わってとてもふさわしいと思います。
言うまでもなく、曲の最初から号泣してしまいました。
感動しまくりました。


「今日は本当にありがとうございました。このツアーは2月から始まって、19都市で56公演、僕自身にとって最大規模のツアーを無事完走することができました。各会場で集まった義援金はおよそ2200万円。さきほども言いましたが、元気な人は今以上に元気に。自分は何ができるのか、震災後ずっと考えてました。自分はなにができるだろう。このツアーを通じて皆さんに教えていただきました。年末は感謝祭があります。シングルを一切歌わないノーシングルライブです。楽しんでいただける自身はありますけど、盛り上げる自信は全くありません。声援、笑顔、手拍子をよろしくお願いします。本当にどうもありがとう!!また会おうね!!またやりましょう!!」


最後はましゃからの投げキス…
スクリーンに映し出されたメッセージを見て、
少し寂しかったが、ツアーが無事終わって本当に嬉しかったです。


「また逢おう!


  またやろうな!
 

   福山雅治 2011.11.20」


本当に長い長いツアーを完走しておめでとうございます。
ましゃ、バンドメンバー、スタッフの皆さん、
本当に、本当にありがとうございました!!チーム福山最高です!


今年は震災があって、いくつの公演が延期されたが、
1公演も中止することがなくて、最後まで完走できて、
ファンとして本当に嬉しくてなりませんです。
ましゃと共にツアーのファイナルを迎えることができて、最高な思い出になりました!


最後まで読んでいただいてどうもありがとうございます。
長文&乱文で本当にすみません。(>_<)
今回は色々リサーチして、記憶のかけらを拾って、
やっと最終日のレポートを完成しました。これはちょっと違うかな?
と悩んで何度も書き直したけど、
「ここ違うぞ!」と訂正していただければ嬉しいです。


最終日のレポートを書くと、普通のレポよりプレッシャーを感じてしまいます。
いつも完璧なレポートを書きたいけど、それは無理だと知っています。(笑)
まっ、レグザのキャッチフレーズのように…


「覚えておきたいものがある。忘れたくないものがある。」


FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS TOUR 2011
'THE LIVE BANG!!' さいたま公演 最終日(2011年11月20日)
埼玉県 さいたまスーパーアリーナ


〜想-new love new world-のインストルメント〜(オープニング)


01.vs.〜知覚と快楽の螺旋〜
02.THE EDGE OF CHAOS〜愛の一撃〜
03.想-new love new world-
04.それがすべてさ
05.HELLO
06.明日の☆SHOW
07.milk tea
08.MELODY
09.虹
10.Heart
11.はつ恋
12.アンモナイトの夢
13.群青〜ultramarine〜
14.fighting pose (1300曲目)
15.逃げられない
16.Revolution//Evolution
17.HEAVEN
18.RED×BLUE
19.化身
20.少年
21.心color〜a song for the wonderful year〜


ENCORE


En-01.家族になろうよ
En-02.追憶の雨の中


W ENCORE


En-03.道標

 


 

 

 

Copyright (c) 2009- MashaISM ましゃイズム. All rights reserved