マーシャブラザーズ:福山雅治の俳優としての経歴

Masha Bros:福山の俳優としてのキャリア福山

雅治雅治は、歌う。彼は地元のテレビのさまざまな映画やドラマシリーズでさまざまな役割を果たしてきました。マーシャブラザーズでここにすべての詳細を解明することによってそれについての詳細を知る:

作品

福山雅治はエンターテインメントシーンに入ったとき、彼はジャグリングシンガーであることだけでなく、俳優であることでしただけではなく。彼は優れた演技力で人々の心を動かし、みんなの注目を集めることに優れた才能を発揮しました。彼が主演した映画のいくつかは次のとおりです。

  • ラストレター(2020)

ラストレターは、親しい家族の死の愛と受容をテーマにした映画です。物語は、女優の松たか子が姉の葬式に出席する主人公の岸部由里から始まります。そこで、彼女は何年も会っていない姪のあゆみと出会う。ユリが姉の再会に出席し、姉が亡くなったことを人々に伝えると、事態は興味深い方向に変わります。

しかし、人々は彼女が彼女の亡き妹、遠野美咲であると誤解し、信じていました。福山雅治が演じる音坂恭郎が登場するのはこの時。他のみんなと同じように、彼もユリはミサキだと信じていました。彼らは連絡先情報を交換することさえしました、そして、Kyoshiroは彼がまだ美咲を愛しているというヒントを突然与えました。

  • マチネの終わりに(2019)

平野啓一郎の小説を原作に、福山雅治が映画「マチネの終わりに」の主人公として出演しました。小嶺陽子というジャーナリストと恋に落ちる天才クラシックギタリストの牧野聡役を演じる。お互いに惹かれながらも、陽子が婚約しているので愛情が試される。

ドラマシリーズ

シルバースクリーンの他に、福山雅治は国内のさまざまなドラマシリーズでさまざまな役割を果たしました。彼の最近の2つのドラマは次のとおりです

  • 。Everyone’sDemoted(2019)

Everyone’s Demotedでは、福山雅治が銀行員の役割を果たしています。その後、鎌田支部長に昇進。しかし、彼は、この支店が閉鎖されようとしていること、そして彼は一生懸命働く必要がないことを知らされました。彼は罪悪感を感じて、すべての支店の従業員を助け、銀行の閉鎖を避けることに決めました。その後、彼は自分の仕事と従業員の両方のために最善を尽くすように挑戦されます。

  • ラブソングに乾杯(2016)

福山雅治は、熟練したミュージシャンとしてラブソングの主役を演じています。彼のキャラクターは「一発屋」と呼ばれ、人気のある曲が1曲しかなく、その後レコーディング契約がキャンセルされました。その結果、彼は音楽に背を向け、業界を去りました。しかし、数年後、彼は彼女の素晴らしい歌声のために彼が再びフィールドに入るきっかけとなった女性を見つけました。